JBond 証券取引のイノベーター ジェイ・ボンド証券株式会社
Japanese
English
Home
システム概要
プレスリリース
会社概要
関連リンク
お問い合わせ
注意事項
Publicity

QUICK
2001年04月16日(月)
国債売買の最も有利な値段
パソコンで簡単検索
ジェイ・ボンド
独立系ベンチャー企業のジェイ・ボンド(東京・千代田)は、二十日から国足の電子引き合いシステムを稼働させる。 このシステムを使うと、どの証券会社を利用すると一番有利な値段で取引できるかを、機関投資家がパソコンで簡単に 調べられる。同社は外国証券の円債トレーダーと営業担当者が共同で設立しており、金融機関担当者が使いやすい仕組みを 取り入れた。
投資家がパソコンに売買したい国債の銘柄と金額を入力すると、このシステムに参加する証券会社が売買価格を即座に 知らせてくれる。投資家は最も良い条件を出した証券会社を選び、取引を結ぶ。QUICKの専用線上で価格情報の収集や 比較が瞬時にでき、パソコン上に記録を残せる。
投資家では三菱信託銀行や大手生命保険、米系投資運用会社、証券会社ではパークレイズ・キャピタル、UBSウォーバーグ などがすでに利用を表明している。今後、年金基金や投資信託の間に、利用が拡大する見通しだ。
個人の資金を専門家がまとめて運用する年金や投資信託は、顧客のために最良の値段で資産運用する義務を負う。 厚生年金基金連合会は運用担当者に、三社以上の証券に値段を聞き、取引相手を決めるよう求めている。国債の 値段が刻々と変わるなか、運用担当者が複数の証券会社の値段を瞬時に比較するのは難しかった。

プレスリリース 

Copyright 2002 JBond Securities Co., Ltd. All Rights Reserved.