JBond 証券取引のイノベーター ジェイ・ボンド証券株式会社
Japanese
English
Home
システム概要
プレスリリース
会社概要
関連リンク
お問い合わせ
注意事項
Publicity

日経金融新聞
2002年10月22日(火)
ジェイ・ボンド証券
私設取引の認可取得
来月から国債電子売買
独立系ベンチャーのジェイ・ボンド証券(東京・千代田)は二十一日、金融庁から私設取引システム(PTS) 運営業務の認可を取得したと発表した。これまでは投資家に国債の価格照会サービスを提供するにとどまっていたが、 施設の取引所として投資家と証券会社を仲介できるようになる。十一月から本格的に証券会社として国債の取引を開始。 先行しているエンサイ・ドットコム証券を追撃する。
ジェイ・ボンドは二〇〇一年に、投資家が複数の証券会社に国債の価格を同時に照会できる「マルチディーラー・システム」 を開発している。投資家は専用回線を使い、パソコン上で最も有利な条件を提示する証券会社を特定することができた。 今回、PTSの認可を取得したことで、実際にパソコン上で約定することも可能になり、投資家にとっての利便性は格段に向上する。
既に住友ライフ・インベストメント、大和住銀投信投資顧問、三菱信託銀行などと契約している。

プレスリリース 

Copyright 2002 JBond Securities Co., Ltd. All Rights Reserved.